FC2ブログ

北田工務店の現場日記

込み栓

本込み栓 (こみせん) 】骨組をなる角材をつなぎ
合わせるとき、接合部分の補強のために、つなぎ
合わせた木材と木材が一体となるように二つの
部材を貫通させて埋め込む堅い木片のこと。
komisen.jpg
込み栓手法 』は伝統的な仕口で、接合する
二つの部材に貫通させるようにほぞ穴を開けて、
その穴に細長い木(込み栓)を叩き込んでいく
ことによって固定するもので、引き抜きに対して
ねばり強く、耐久性があります。

伝統的な止め方ですが、建物以外でも使われて
いるってご存知ですかぁ

木工の伝統工法として、イスやテーブル、ベンチ
などに釘を使わない、この込み栓手法がおおく
使われています。

お子さまの工作などの簡単な日曜大工キット絵文字名を入力してくださいでも
組み立て方で使われているんですよ 絵文字名を入力してください
    07:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://kitadakoumuten.blog90.fc2.com/tb.php/66-4ff5b314
プロフィール

北田の技

Author:北田の技
☆『住まい』のこと
 ☆ リフォームのこと
  ☆ 日々感じたこと …など

★地域密着で情報発信しています   

QRコード
QRコード
FC2カウンター
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示