fc2ブログ

北田工務店の現場日記

どのような未来が

2月17日環境省は小沢鋭仁環境大臣の試案として
「地球温暖化対策に係る中長期ロードマップ]の概要を公表しました

目指すべき姿として 高効率給湯器を最大8割の世帯に普及させることや
新築住宅のすべてに最高基準の断熱化を導入すること
最大1300万世帯で太陽光発電を導入することなど挙げています

『 温暖化 』 という地球全体規模の大きな問題への対策と
『 エコ 』 という無駄をなくし自然の力を利用した設備強化など
住にかかわる省エネ基準が日に日に変化しています

住宅もここ20年の間にすっかり仕様が変わりました
我が国の木造建築の魅力は材木と構造躯体、魅せる化粧部分にあると思います

人それぞれ好みや考え方が違います
バブル経済の時代には軽量鉄骨造・2×4住宅など
多様な構造の住宅が造られるようになりましたが
数十年経った現在でも 家の構造躯体の主流は材木を使った住宅
四季を持つ日本の気候に順応し 日本人の心を癒す力があると思います

耐震偽造問題、阪神淡路大震災、地球温暖化など
さまざまな要素から 『 住まい 』 が大きく変化して
防湿対策、配筋基準、気密性、断熱性など住まいの性能は高まっているのですね

この大臣の試案はこれから先の流れを示したものだと考えると
リフォームにおいても エコキュート(給湯器)や太陽光発電、
省エネタイプへの住宅設備交換は 私たちの生活・身体、自然環境に
より良いものだと考えてよいのではないでしょうか…。

仕様や基準が変わっても いい仕事する事が基本!
安全で安心できるやさしい住宅・リフォームを提案できればと思います 


    11:45 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://kitadakoumuten.blog90.fc2.com/tb.php/349-8cc6aa47
プロフィール

北田の技

Author:北田の技
☆『住まい』のこと
 ☆ リフォームのこと
  ☆ 日々感じたこと …など

★地域密着で情報発信しています   

QRコード
QRコード
FC2カウンター
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示