fc2ブログ

北田工務店の現場日記

地盤の安全性を高める

絵文字名を入力してください 地盤改良杭の施工状況

住宅の着工の前には 『 スウェーデン式サウンディング試験 』により
施工する地盤の強度・耐力を調査することは以前お伝えしました

もともと畑だった場所などを開発申請して宅地造成をした土地などや
近くに河川や田んぼがある土地などは地盤改良工事をすることが多いです
建物を安全に支えられるようにする必要があるのですね

基礎計画では、SS試験により直接基礎工事に着工出来るかどうか、
地盤改良を必要とする場合にはどの補強をするか検討することになります
kiso-keikaku.jpg
kiso-keikaku2.jpg

ポイント 今回は鉄筋コンクリート摩擦杭(RC杭)圧入工法をご紹介します

RC杭を圧入する場所にポイントマークをつけます
建物の配置をこの時点で確定させておきます
kui1_20090521092520.jpg
既成鉄筋コンクリート杭
kui7.jpg
今回の地盤調査から、杭の長さは4mものを使います
kui11.jpg
杭の頭部(260㎜)には三本の鉄筋があります
これをベタ基礎内の配筋と結束させて一体化させます
kui17_20090523084324.jpg
カシャ オーガスクリューで杭の道を造ります
kui32.jpg
カシャ 油圧圧入工法にてゆっくりと圧入していきます
   このとき杭耐力測定器でデーターを取り確認し
   安全であることを吟味します
kui48.jpg
カシャ RC杭を圧入している状況
kui30.jpg
カシャ レベルで杭頭揃えの確認をします
kui300.jpg
カシャ 地盤改良杭の圧入完了
kui37.jpg
カシャ 基礎工事で余計な土がかぶらないようキャップをします
kui42.jpg
ポイント 既成コンクリート杭は柱状改良杭(ソイルセメント)と
   比較すると、養生期間をとって杭を形成していることで
   十分な耐力をあらかじめ持っている点に違いがあります
   
   柱状改良杭の特徴は作業効率が高く打杭工法に比べ低コストです
   また近隣に及ぼす騒音、振動の心配がほとんどありません

今回の地盤補強は鉄筋コンクリート摩擦杭を施工しました
kui5_20090521091905.jpg
建物が建つ敷地の強度や周囲の環境によって
さまざまな補強方法が考えられます
安心して暮らせる住宅をつくるうえで大切な部分となっています

古くは、『土台はヒノキ』で腐らないものがいい・・・
少し前は、『基礎は高くて、ベタ基礎』でないと・・・
そして今では、『地盤(土地)をしっかり造って』安心を・・・

時代とともに安全性の考え方も変わっていくんですね
    07:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://kitadakoumuten.blog90.fc2.com/tb.php/179-8a14c3ad
プロフィール

北田の技

Author:北田の技
☆『住まい』のこと
 ☆ リフォームのこと
  ☆ 日々感じたこと …など

★地域密着で情報発信しています   

QRコード
QRコード
FC2カウンター
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示